background_2.png

基本的な考え

 

多くの経営者が人・組織の問題に悩んでいる

経営者とお話すると、多くの方々が人や組織に課題を感じておられます。人が育たない、優秀な人材が不足している、変化に否定的な風土、社内の危機意識が弱い等々・・・具体的には、「権限を委譲していきたいが任せられる人材がいない」「指示しないと自分から動こうとしない」「動きが遅い」「指示内容が正確に伝わらない(ズレる)」「給料は当たり前にもらえるものと思っている」など、日常的にストレスを感じるシーンが多いようです。

人・組織の問題は、組織の「アジリティ」が原因

これら人・組織の問題について、アジリティームでは、組織の「アジリティ」に原因があると考えています。「アジリティ(機敏性)」は「素早く」「的確に」「判断」して「行動」する力と言い換えることができます。経営者が感じる様々な課題感は、これらの要素のいずれかに問題があるケースがほとんどです。

「アジリティ」は最大の成長エンジン

「アジリティ」に課題感はあるが、業績もまぁまぁ順調だし、中長期的に改善していこう。こう考える経営者も多いでしょう。しかし、技術や戦略が驚くべきスピードで陳腐化していく昨今のビジネス社会においては、素早く実行し、必要な修正を加えてまた実行するというPDCAの高速回転が非常に重要となっています。変化が激しく先が見通しにくい現代ビジネス社会の経営においては、組織の「アジリティ」こそが最大の成長エンジンであるという考えが必要です。

「アジリティ」こそが、企業にとって最大の成長エンジンである

これがAGILITEAMの基本的な考えです

アジリティーム 社名解説図